スタッフの阿部が日々の気づきをつぶやくコーナーです

ブログ

スタッフの阿部が日々の気づきをつぶやくコーナーアベログ

変われば、変えられる

今年の前半、世界中の多くの都市で
社会活動を制限する措置がとられていた頃、
テレビやネットで
中国やインドの空が見違えるように
澄んでいく様子や、ヴェネチアの運河に
透明度が戻る様子を目にしました。


こんなに短期間でここまで変わるのかと驚き、
環境汚染を広げているのはやはり人間なんだ、
ということを改めて認識しました。


つい最近、「学生が就職企業に何を求めたか」
についての記事を読みました。
大手就職情報会社が
日本の2021年卒業予定の学生を対象に行った調査です。


調査によると、学生が就職企業に求めたことの
1位は「社会貢献度が高い」(30%)でした。
2位の「将来性がある」(29%)、
3位の「職場の雰囲気が良い」(27%)、
4位の「給与・待遇が良い」(26%)
などを上回る結果です。


ちなみに、企業の社会貢献度を
何で判断しているか、の問いに、
53%が「企業理念」と回答。
次いで「ビジネスモデル」(44%)、
そして、「福利厚生など従業員に対する姿勢」(40%)だそう。


社会貢献度が1位なんだ! 
そして、理念やビジネスモデルで
しっかり社会貢献度を見ていたとは!
バブル直後に就職した私の世代とは、価値観が違うなあ、と思いました。


そういえば、我が家の高校生男子が
学校で、国連の「SDGs」についての授業が
あったと先日言っていました。
Z世代と呼ばれる彼らも、ミレニアル世代も、
小さな頃から「リサイクル」や「地球温暖化」といった
キーワードを耳にして育っていますし、
環境保護や社会貢献は、私たちが想像するよりも、
もっと身近なトピックスなんだろうと思いました。


また、彼らがデジタルネイティブであることも、
このあたりの価値観を高めている原因のようです。
ネットで情報を簡単にサーチできること、
見つけた情報をSNSでいち早くシェアできることが
大きいですね。


さらに最近は、スマホを使って気軽に社会貢献できる
デジタルチャリティーの注目度も高いよう。
たとえば、指定されたハッシュタグと食べ物の写真を
SNSにアップすると、途上国の子どもたちに
給食が送られるなどの仕組みです。
企業がどんなタイミングで、どのような取り組みをするか、
若い世代はじっくり見ていて、しっかりシェアしている。
企業は気が抜けませんね・・・。


さて、私も、若い世代を眺めている場合ではありません。
短期間で中国やインドの空に青さが戻り、
ヴェネチアの水が澄んだことを知った今、
「変われば、変えられる」と改めて思っています。
年末、そんなことを考えながら、
来年の行動を立てたいなと思いました。

これまでの記事

視点発見の旅
メルマガ【開-CAY】お申し込み

ご一緒に「視点発見の旅」へ!
メルマガは「開-CAY」で届きます

詳細を見る >>

「個人情報の取り扱いについて」

このページのトップへ